各行政・地域活性化担当の方へ各行政・地域活性化担当の方へ

熱い思いを持つ『人』と効率的な『システム』が地域を救う熱い思いを持つ『人』と効率的な『システム』が地域を救う

横石知二

横石 知二(よこいし ともじ)

1958年 徳島県生まれ「株式会社いろどり」代表取締役。徳島県農業大学校園芸学科卒業後、上勝町農協に営業指導員として就職。16年連続で農産物の売り上げを伸ばす。

1986年 彩を開発。山の資源を生かした商品開発で全国的に注目を浴びる。

1996年 産業情報センターと「株式会社いろどり」の責任者として、特産品の彩(いろどり)をはじめ、香酸柑橘/しいたけ/お茶の企画販売を行う。

2002年 役場を退職、「株式会社いろどり」の取締役に就任。2009年代表取締役社長として現在に至る。

2002年「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」日本大会特別賞受賞。

2003年「ソフト化大賞」受賞。

2007年「News week(日本版)」世界を変える社会人起業家100人に選出される。

2012年「IT JAPAN AWARD 2012」準グランプリ受賞

横石知二株式会社いろどり社長 横石知二監修

いろどりシステムいろどりシステムで「あなたのまち」もきっと蘇ります。

※いろどりシステムの立ち上げは【システムの販売】と【横石知二の地域プロデューサー塾】がセットになっています。

いろどりシステムについて問い合わせる

「いろどりシステム」は、
あなたの地域事業を支えるWEBシステムです。

上勝町のおばあちゃん

いろどりはこのシステムで、葉っぱをお金に変えました。

葉っぱの町で有名な『上勝町いろどり』では、田舎のおばぁちゃん・おじいちゃんたちがタブレットやパソコンを使いこなして、『葉っぱ』を日本中に販売しています。

これは『リアルタイムに出荷状況や個人の売上内容を把握できるシステム』があるからです。

いろどりシステム図

【いろどりシステム概要】

導入から運用まで、短期間、低コストで実現します。

クラウド型なので、面倒なサーバー管理はお任せです。

プログラムのインストール・設定がいらないから、システムメンテナンスは殆どありません。

簡潔な業務処理機能で、煩雑な業務処理は素早く処理します。

受注登録、注文取り、入荷、出荷はタブレットで行えますので、業務処理は自由自在になります。

バーコードリーダーの登用により、仕入れと出荷作業は効率よくします。

市場の情報とトレントなどの情報は生産者にタイムに配布すること、情報共用します。

豊富な集計機能を備えることで、販売実績を分析・需要予測を行えます。

本システムは、受注管理、商品の注文取り(生産者への発注)、商品の仕入れ、そして出荷処理などコア機能から構成されます。市場などのお客様からご注文を直接に受けて、生産者へそれらの注文情報を配布して、注文商品を素早く仕入れて、お客様に送付するといった一連の受発注・販売業務を行えます。また、顧客と生産者の登録管理、商品管理、各種帳票作成・発行を行います。煩雑な受発注・販売業務は、本システムを通して、簡潔にさせることで産直販売に関わる事務作業の軽減と販売活動を支援することができます。また、顧客情報をもとに販売分析を行い、商品案内・注文書やDMラベル発行などの販売促進活動をご支援します。各種の集計機能を活用することにより過去の販売実績を分析・需要予測を行うことができ、潜在顧客へのアプローチや商品案内など効果的な販売支援を実現します。

パンフレットのダウンロードはこちら

いろどりシステムについて問い合わせる

それでも、使うのはやはり『人』です。

システム×人

しかし、いくら便利なシステムがあっても、使うのはやはり『人』です。

いろどりシステムの立ち上げには、株式会社いろどり社長 横石知二監修のもと徳島県上勝町での【横石知二の地域プロデューサー塾】がセットになっています。

これは、地域活性化の熱い想いのある『人』が一生懸命挑戦したとき、『あなたのまち』はきっと蘇るはず、という想いからです。

【横石知二の地域プロデューサー塾】

地域で事業を運営する「地域プロデューサー」の養成を目的としたプログラムです。

「地域で事業をするコツ」
「地域の人をやる気にさせるツボ」
「高齢者でも使いたくなるシステムづくりのポイント」
などなど…

横石流の地域事業哲学が集結!!
30年近くかけて作り上げた『葉っぱビジネス』の仕組みのすべてが凝縮されています。

もちろん、横石本人からの直接指導も受けられます!

いろどりシステムについて問い合わせる